職業

職業

キャッシングなどを利用しようとして申し込みをするときに、職業欄に現在の職業を記入することになります。

 

パートやアルバイトでも一定の収入があれば申し込みができるという場合、職業欄はどのように書けばいいか迷う人がたいさんいます。

 

一般的にパートやアルバイトの場合はそのまま「パート」、「アルバイト」と書くことが多いようです。

 

特に、「会社員」と書く必要はありません。

 

また、契約社員や派遣社員の人はそのまま「契約社員」、「派遣社員」と書く人もたくさんいます。

 

 

 

パート収入がある主婦の場合、年収によっては「主婦」と書く人もいます。

 

例えば、年収を100万円と書くと、その年収で生活をしていることが考えられます。

 

そうなると、返済にまわせるお金が無い、ということになりかねません。

 

ですのであえて「主婦」と書くのは夫の収入があることを知ってもらう必要性があるからです。

 

 

 

学生の場合は「学生」と書いて、その横に「アルバイト」と書く人もいます。

 

理由としては、家族と同居していてアルバイト収入で十分な返済ができることを知ってもらうためです。
出向先で働いている場合、勤務先は出向元の情報を記入するの普通です。
出向社員の場合は「出向社員」と書くのが一般的です。
ちなみに、派遣社員の勤務先は派遣元になります。
全労働人口の多くが非正規労働者となっている昨今、消費者金融各社では非正規社員でも安定した収入があれば貸し付けるところが一般的です。
職業はどのようなものであれ、十分な返済能力があることが必須なので、それさえクリアしていれば職業が何であるかはそれほど重要ではないようです。
ということで、職業を書くときはそれほど心配する必要はありません。

 

syokugyou

 

 

職業ばかりを考えない

キャッシングの申込時に職業をどうすればいいか?あれこれ悩む時間はもったいないです。というのも、職業よりも返済能力が重要となるので、アルバイトでもパートでも派遣でも、安定して給料をもらっているのでしたら、職業についてはそれほど気にする必要はありません。
「自分はアルバイトだから申込しても無理じゃないか?」と考えこみすぎてしまうと、申込めるものもできなくなってしまう可能性があります。

 

ですので、キャッシングでお金を借りたいときは自分は毎月どれくらいの収入があって、それが今後も継続してあるのかどうかを確認しておくことです。
フリーローンなどのキャッシングでは担保や保証人のいらないものがほとんとですので、貸す側にとってはずっと返済することができるかどうか?が重要になってきます。
ということで、職業よりも安定が重要になるというわけです。返済期間が1年以上ともなると、ずっと収入を得続けることが肝心になるのです。

 

syokugyoubakari

 

>>>資金使途自由なローン

キャッシングのコツ

関連ページ

借りて返す
キャッシングで借りて返すときに困ったらまず相談。
使い道
キャッシングで借りたら使い道自由が基本なので便利です。
職業=収入
キャッシングの申込時の職業は収入が安定している証明。
書類
キャッシングの申込時に必要な書類を用意しておけばスムーズに進みます。
時間
キャッシングなどを利用するときは時間が短いのがメリットです。
金利について
キャッシングを利用するときは金利を確認しましょう。
担保・保証人不要
キャッシングでは担保・保証人不要というのが原則です。ですので、キャッシングを利用する時は担保や保証人のことは考えなくてもよいことになります。ということで、担保・保証人不要で借りることが可能です。
追加融資
キャッシングで追加融資を利用する場合は、返済能力が十分にあることが必要です。また、フリーローンなどのキャッシングの申込時に他社借入れがあって追加融資的な目的で利用するかを明確にする必要があります。
安定した収入
キャッシングは安定した収入が無いと利用できません。フリーローンなどを利用するときもキャッシングと同じように安定した収入がなければ利用できません。さて、安定した収入とは一般的に思われるものでしょうか?
契約機について
キャッシングで契約機を利用することは時間の短縮にもつながります。キャッシングをするときに気になるのが相手だったら、身内だったります。契約機では誰にも知られないので人を気にしなくもていいことになります。
借り方
フリーローンを利用する借り方についてはそれほど難しいものではありません。一般的に、ネットで申込んで、契約もパソコンやスマホなどでできるので、意外と簡単と言っても過言ではありません。