追加融資

追加融資

キャッシングの追加融資を考えている場合に注意しておきたいことは、過去に返済が遅れたりしたことがないかチェックしておきましょう。もしもあれば追加融資ができない可能性もあります。不安な場合は借入先に相談しましょう。

 

さて、追加融資が必要になったらどうするかということになります。まずは限度額の変更をするという方法があります。この場合は収入がどれくらいあるかを確認される可能性があります。
また、限度額の範囲内でまだ余裕があれば借りることが可能となります。これも各社の判断によるものですので事前に相談してみましょう。

 

ちなみに、追加でお金が必要になる理由に返済のために追加で借りるのという場合があります。この借り方だけでは絶対に避けなければなりません。返済のために追加で借りたら次の返済が難しくなる可能性が十分にあるからです。

 

ということで、追加融資を受ける場合には返済ではないことに使うためという理由が必要です。
そして、毎月の返済額が増えることになりますので、十分な収入を確保しておく必要があります。

 

つまり、今まで以上の返済能力がなければ追加融資を受けれられないと思ったほうがよいでしょう。
また、キャッシングなどのフリーローンを利用する場合でも、他社の借入れがあって、追加的な借入れに利用するかどうかということを申込時点で明確にしておく必要があります。

 

tuika

関連ページ

借りて返す
キャッシングで借りて返すときに困ったらまず相談。
使い道
キャッシングで借りたら使い道自由が基本なので便利です。
職業
キャッシングの申し込み時に書く職業をどうするか。
職業=収入
キャッシングの申込時の職業は収入が安定している証明。
書類
キャッシングの申込時に必要な書類を用意しておけばスムーズに進みます。
時間
キャッシングなどを利用するときは時間が短いのがメリットです。
金利について
キャッシングを利用するときは金利を確認しましょう。
担保・保証人不要<
キャッシングでは担保・保証人不要というのが原則です。ですので、キャッシングを利用する時は担保や保証人のことは考えなくてもよいことになります。ということで、担保・保証人不要で借りることが可能です。
安定した収入
キャッシングは安定した収入が無いと利用できません。フリーローンなどを利用するときもキャッシングと同じように安定した収入がなければ利用できません。さて、安定した収入とは一般的に思われるものでしょうか?
契約機について
キャッシングで契約機を利用することは時間の短縮にもつながります。キャッシングをするときに気になるのが相手だったら、身内だったります。契約機では誰にも知られないので人を気にしなくもていいことになります。
借り方
フリーローンを利用する借り方についてはそれほど難しいものではありません。一般的に、ネットで申込んで、契約もパソコンやスマホなどでできるので、意外と簡単と言っても過言ではありません。