使い道

使い道

お金を借りても使い道が限定されることがあります。例えば、住宅ローンや自動車ローンなどですと、住宅や車のためだけにしか使うことができません。
一方、生活資金などにつかえるように資金使途自由というキャッシングだと使い道は自由です(但し、事業用資金として使えない場合もあります)。
お金を借りる場合は理由は何であれお金が必要なので借りるのが普通です。しかし、中には必要額より多めに借りてしまって、お金が余って別のことに使おうか迷うことがあります。基本的にはその分も利息が付くので、余ったら返すのが一番良いです。ところが、入った額が全て自分のものに思えてしまって、他のことに使ってしまうことはよくあります。
「どうせ分割で払えばいいから、使えるものは使っちゃえ!」という気持ちになるのもわかります。
ただ、返済時になると利息負担が大きくなるので、そのことをを考えれば余った分はすぐに返済しておきましょう。
特に、借りたら最初に考えていたことだけに使うことが大切です。
ちなみに、使い道が自由かどうか貸付条件などでわかります。

 

使い道

関連ページ

借りて返す
キャッシングで借りて返すときに困ったらまず相談。
職業
キャッシングの申し込み時に書く職業をどうするか。
職業=収入
キャッシングの申込時の職業は収入が安定している証明。
書類
キャッシングの申込時に必要な書類を用意しておけばスムーズに進みます。
時間
キャッシングなどを利用するときは時間が短いのがメリットです。
金利について
キャッシングを利用するときは金利を確認しましょう。
担保・保証人不要<
キャッシングでは担保・保証人不要というのが原則です。ですので、キャッシングを利用する時は担保や保証人のことは考えなくてもよいことになります。ということで、担保・保証人不要で借りることが可能です。
追加融資
キャッシングで追加融資を利用する場合は、返済能力が十分にあることが必要です。また、フリーローンなどのキャッシングの申込時に他社借入れがあって追加融資的な目的で利用するかを明確にする必要があります。
安定した収入
キャッシングは安定した収入が無いと利用できません。フリーローンなどを利用するときもキャッシングと同じように安定した収入がなければ利用できません。さて、安定した収入とは一般的に思われるものでしょうか?
契約機について
キャッシングで契約機を利用することは時間の短縮にもつながります。キャッシングをするときに気になるのが相手だったら、身内だったります。契約機では誰にも知られないので人を気にしなくもていいことになります。
借り方
フリーローンを利用する借り方についてはそれほど難しいものではありません。一般的に、ネットで申込んで、契約もパソコンやスマホなどでできるので、意外と簡単と言っても過言ではありません。