限度額貸付契約

限度額貸付契約

貸付契約の中に限度貸付契約と極度貸付契約というものがあります。金融機関ごとに考え方が違ってくると言われています。

 

例えば、限度貸付契約の場合だと、限度額が500万円で、その内200万円を返済したら、また500万円までは借りられない。
一方で、極度貸付契約の場合だと、500万円以内だったら、一部返済後にまた500万円まで借りられる、というふうになっています。
但し、金融機関によってその意味合いが違ってくるので、正確に知りたい場合は直接金融機関に問い合わせたほうがよいでしょう。

 

このように金融用語は専門家にしかわからないものがたくさんあります。お金を借りるときは契約書に書かれた内容を全て理解してから借りるのがベストです。
しかし、複雑な専門用語をすべて理解できないので、わからないことや疑問に思ったことは迷わずその場で質問するようにしましょう。
契約してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないように事前に確認することが大切です。

 

契約

 

>>>資金使途自由なローン

キャッシングのコツ