キャッシング 収入

収入と生活費と返済額

キャッシングを利用するときは返済のことを考えて収入と相談することが大切です。

 

例えば、月収が20万円で生活費が12万円かかって、キャッシングを利用するとなると毎月の返済額を3万円以下にしないと、小遣いが5万円を切ることになります。50万円借りて24回払いにすれば3万円以内で返済可能です。

 

というように、収入と必要経費と返済額のバランスを考えて借りることが大切です。

 

先ほどの例で返済額が4万円とか5万円とかになったら生活が苦しくなってきます。

 

ということで、必要額がどれだけかを申込時点で決めて、返済可能額から返済回数を出してみるとよいでしょう。

 

このように収入と相談しながらキャッシングを利用するのは賢いやり方です。

 

誰でもできていそうでできていないというが現実です。

 

もしも、収入と相談しないで借りたら返済時に困ることになるのは目に見えてわかることです。

 

とは言っても、急にお金が必要になったらそんなことを考えている暇がないのが現実です。

 

そこで、申込時に各社の公式サイトに返済シミュレーションを利用してみましょう。

 

借入希望額、返済回数、毎月の返済額を入力するだけででわかります。

 

これもキャッシングを利用する時のコツと言えるでしょう。

 

コツをつかむ方法はこちらにあります。

 

収入

収入で判断!?

キャッシングの審査ではどれだけの収入があるかが判断材料となります。

 

一方で、パートやアルバイトなどでは月収10万円前後ということもよくあります。

 

そうなると、「収入が少ないから審査が通らないのでは?」と最初からあきらめてしまうことになりかねません。

 

確かに少ない収入から返済していくわけですから、1万円以上の支払いがあるとかなりの負担になります。

 

ですので、借りられる額もある程度決ってきます。

 

「毎月5,000円程度ならなんとかなる」という場合ですと、それに合わせた借入れを希望することになります。

 

但し、審査段階では他社の借入額の有無や過去の履歴などの信用情報をチェックして判断することになるので、希望額まで借りられるかどうかは契約までいかないとわかりません。

 

もちろん、審査が通らないこともあります。

 

その理由については教えてくれません。

 

ですので、他に利用がないとか、過去の履歴に問題がない、という場合には家族の状況をチェックする必要があるかもしれません。

 

判断

返済能力の有無

キャッシングを利用する前に収入について相談しておくとよいでしょう。

 

というのは、安定した収入があることがキャッシングの必須条件となっています。

 

特にどれくらいの額を毎月得ているかがということが気になります。

 

ですので、収入について相談してから申込むというやり方があります。

 

まずはフリーダイヤルに電話して現在の収入を伝えてみましょう。

 

そして、今後もその収入が見込めるかどうかも重要になります。

 

ところで、パートやアルバイトでは収入が低いのが普通です。

 

キャッシング各社ではパートやアルバイトでも利用可能となっているのは、限られた収入でも比較的長期間にわたって得ている場合があるからです。

 

ですので、収入が少ないからと言ってあきらめるのはまだ早いということになります。

 

「安定した収入は得ているけど額がすくなくて心配」というときは相談してみましょう。

 

そうすれば申込み可能かどうかを教えてもらえます。

 

収入の多い少ないよりは返済能力があるかないかが重要になります。

 

返済能力

関連ページ

必要なときに必要なだけ
キャッシングを利用するときは必要な額を事前に決めておくことが大切です。必要なだけをキャッシングで借りることで、返済時の負担を軽減することが可能となります。必要なだけを借りるコツを掴みましょう。
無人の契約機
キャッシングで早くお金を借りる方法として、ネットで申込んでから無人の契約機を利用するというやり方があります。無人の契約機ではキャッシングに必要なカードをその場で発行可能です。
理由
キャッシングをする理由はいろいろですが、お金が必要になって借りるのはみな同じです。では具体的にはどのような理由が多いかといえば、簡単、すぐ、保証人不要などです。
ローンについて
キャッシングにおけるローンとは分割返済でお金を借りることを意味します。キャッシングを利用するときにカードローンなどをローンを利用するという場合に参考になります。