キャッシング 返済方式

種類によっての違い

キャッシングの利用後の返済にはいくつかの方式があります。

 

元利均等方式、元金均等方式、残高スライド方式などの返済方式をよく目にします。

 

元利均等方式は返済元金と支払利息を含めた額が一定となる方式です。

 

例えば、毎月1万円を返済していく場合、この1万円の中に返済元金と支払利息が含まれます。

 

つまり、毎月の返済元金が変動しますので、初期のころは支払利息が多い分元金が少なめになる傾向があります。

 

元金均等方式では毎月の返済元金が一定額となります。

 

この場合、返済元金に支払利息を足した額が毎月の支払額となります。ですので、毎月の支払額が一定ではありません。

 

残高スライド方式では借入残高によって毎月の返済元金が変動します。

 

例えば、借入残高が20万円の場合は1万円が返済元金で、借入残高が10万円の場合は返済元金が5千円という具合になります。

 

この残高スライド方式には元利均等方式と元金均等方式があります。

 

ということで、返済方式を理解しておくことはどのキャッシングを選ぶかを決めるコツとなります。

 

同じ額を借りても返済方式によっては元金の減り方や支払利息の総額が違ってきます。

 

よって、キャッシングを利用するときは事前に返済方式がどれになるかを確認しておきましょう。

 

返済方式

残高スライド

一般的に、消費者金融などで借りた場合の返済方法として、

 

残高スライド元利定額返済方式をよく目にします。

 

この方式では借入残高によって返済額が変動しながら返済していくことになります。

 

一例を挙げれば、

 

<借入残高>        <返済額>
10万円以下          4,000円
10万円超過、20万円以下 8,000円
20万円超過、40万円以下 11,000円
40万円超過、50万円以下 13,000円
50万円超過、60万円以下 16,000円

 

という具合になります。

 

他にも借入額を返済回数で割った金額に利息を加えていく元金均等返済方式もよくあります。

 

これは、元金を返済回数で割った金額に毎回の発生利息を加えた額を返済していく方式です。

 

また、返済額と金利を合わせ、毎月一定の金額を支払っていく 元利均等方式という方式もあります。

 

返済方法によって返済回数や返済利息が変わってきますので、

 

申込の際にはしっかりチェックしておきましょう。

 

slide

返済によっては金利に差

返済方式をどれにするかは貸し付ける側が決めることなので、

 

借りる側としては借りる前に調べて、どれが一番良いかを決めておく必要があります。

 

まず、元利均等返済方式にした場合、返済総額が増える可能性があります。

 

というのは、毎月の返済金額の内、元金の占める割合が少なくなる可能性があります。

 

一方、元金均等方式では、元金の額が一定のため、

 

当初の返済額が多くなる可能性があります。

 

但し、元利均等法式に比べて返済総額が少なくなる可能性もあります。

 

このように、初期の段階で返済額を少なくして余裕を持たせるのか?

 

あるいは、毎月の返済に余裕があるか?によって適した返済方式も違ってきます。

 

そこで、申込の段階でどの返済額が適用されるかを確認しておきましょう。

 

毎月の返済額を少なくするのか、それとも、返済額を多くして返済期期間を短めにするか、

 

自分にあった返済方法を選びましょう。

 

いずれにしても、返済方法の違いで金利にも差が出てくる、ということです。

 

kinritohensai

返済相談

「返済できると思っていたのに、状況が変わって収入が減ってしまって、

 

返したいけどお金が無い」、

 

そんな悩みを抱えることになったら、まずは専門家に相談することをおススメします。

 

あれこれ一人で考えていても解決の糸口はなかなかみつかりません。

 

やはり、専門家の意見を聞くことで新しい可能性が生まれてくることがあります。

 

さて、返済できない状態が続いたらどうなるか、といえば、

 

頻繁に督促の連絡が届くようになります。

 

郵便物や電話などで返済を促すように連絡が届きます。

 

そのような日々が続くと精神的にも疲労がたまります。

 

そうすると身体にも変調をきたすことになりかねません。

 

ですので、健康的な毎日を送るためにもまずは相談しましょう。

 

後になって考えれば、返済できないのは一時的なことかもしれません。

 

まずは、不安になっても自信をなくさないように、自分の将来に希望を持って行動しましょう。

 

そうすれば、必ず解決の糸口が見つかるはずです。

 

そのうちに返済の目処がたつこともよくあります。

 

20万円をキャッシングしたら

20万円をで2年で返済した場合、

 

具体的な金額で毎月の返済額をみてみると実感が沸いてきますので、

 

目安として返済シミュレーションをしてみると良いでしょう。

 

消費者金融などの公式サイトには返済シミュレーションが簡単にできるページが

 

用意されていますので、試しに20万円を2年間借りた場合のシミュレーションをしてみました。

 

 

「返済シミュレーションでの試算結果」

 

A社 毎月の返済金額9,984円 最終月の返済金額9,312円  実質年率18.0%とした場合

 

B社 毎月の返済金額9,984円 最終月の返済金額9,995円  実質年率18.00%とした場合

 

C社 毎月の返済金額9,965円 最終月の返済金額9,964円  実質年率17.8%とした場合

 

D社 毎月の返済金額10,000円 最終月の返済金額8,879円  実質年率18.0%とした場合 

 

(2013年9月1日時点情報)

 

(※このシミュレーションでの試算結果はあくまでも参考であって、
月の日数の相違などにより、実際のご返済内容とは異なる場合があります。)

 

 

上記のように毎月の返済額が1万円以下で返済可能という計算結果がでました。

 

仮に24万円の元金をそのままにした場合、実質年率18%とした場合、

 

2年で86,400円が利息となります。

 

実際には毎月の元金を支払っていけば残高が減っていきますので、

 

その半分以下の利息となります。

 

ikura

キャッシングのコツ

関連ページ

返済能力
キャッシングでは返済能力が重要視されます。つまり、キャッシングはいつでもどこでも利用できる便利なものですが、一方で返済ができないと利用することはできませんので、申込時に返済能力がチェックされます。
職業
キャッシング申込時に職業を記入することになります。これは安定した収入を得ているかどうかを判断するために職業が必要になるからです。キャッシングを利用して返済できる能力があるかどうか判断材料になります
必要書類
キャッシング申込後に必要書類を提出しなければなりません。キャッシング利用者は身分証明となるものや年収を証明するものなどの必要書類の提出を求められます。
信用情報
キャッシング利用前に自分の信用情報確認する方法があります。開示請求という方法で信用情報を入手できます。キャッシングの利用時の信用情報は最長で5年間保存されることになっています。
ビジネス
キャッシングを利用するときに「どこで借りるか?」ということで迷うことがあります。大手のキャッシング会社だとほとんど内容的には大差がないのが現実です。もちろん、キャンペーンなどによっては金利が低かったり、提携ATMの手数料が無料になったりすることもあります。しかし、基本的にはどの会社でも金利の差は小さいですし、貸付限度額もほとんどが300万円とか500万円などという大金となっていて、実際に申込んで借りられるのが返済能力に合わせた額となるので、どこで借りても利用限度額には差がないのも現実です。そうなるとどこを選ぶかさらに迷ってしまうことになりかねません。ちなみに、キャッシング会社では上場しているところもあります。また、グループ企業が上場しているところもあります。そうなると、株価をひとつに参考にすれば、借りようとしている会社の業績や将来性をチェックすることも可能となります。つまり、会社の安定性もお金を借りるときに重要になります。というのは、吸収合併などで、借りていた会社がなくなり、新しい会社から様々な指摘を受ける可能性もあるからです。
安定した収入
キャッシングを利用するときに安定した収入があることが必須となっています。そこで、安定した収入とは一体どういうことを言うのかキャッシング利用前に確認しておきましょう。
キャッシングとは?
キャッシングとは一体どういうものかを考えてみると、お金を借りることと同時、ちょっとお金を引き出すという感覚でキャッシングという言葉を使われていることがよくあります。
限度額
キャッシングの限度額や極度額を理解しておくと実際に利用する時に役立ちます。キャッシングでお金を借りる時は限度額の範囲内で必要最低限な額にすることが大切となります。
時間を節約
キャッシングを時間をかけないで利用するにはそれなりの工夫が必要です。キャッシングで時間がかかってしまってはお金が欲しいときに借りられなくなりますので、できるだけ短時間でできる方法を使うことが大切です。
計画的な借り方
キャッシングの借り方をより具体的に把握しておくと実際に利用するときに役立ちます。借り方が明確であれば目的もはっきりしてくるので無理のない計画的な方法がみつかります。
金利
キャッシングの金利といえば支払利息のことです。さて、この金利とは具体的にどのようなもでしょうか?お金を預けたり借りたりしたときに発生する経費のようなものだと言われています。
コツについて
キャッシングのコツをつかむのはそれほど難しいことではありません。キャッシングを利用する前に目的を明確にすることがコツをつかむのに大切です。
プライバシー
キャッシングを利用するときはプライバシーのことも考えておかないといけません。特に、会社や家族に知られないように、キャッシング利用時のプライバシーについてもしっかりと確認しておきましょう。
利用手順
キャッシングの利用手順を理解しておけば、必要なとき最短の時間で手続きができるようになります。キャッシングの手続きは簡単ですが、些細なことで間違えてたりしたら時間の無駄となります。
生活のために
生活に支障のない範囲でキャッシングを利用して、急な出費のときに借りられるようにしましょう。そうすれば、キャッシングは生活を支えるものとなって、ゆとりができることになります。
審査
キャッシングの審査内容を知ることはできません。しかし、基本的なことはわかります。つまり、返済能力があるかどうか?ということです。キャッシングの申込後にある審査の対応はできるだけしておきましょう。
担保・保証人不要
キャッシングでは担保保証人不要というのが普通です。ですので、キャッシングを利用する理由の一つに担保・保証人不要だからというのがあります。そして、それによって手続きが簡単になるから更に利用しやすくなります。
貸金業について
キャッシングといえば貸金業です。この業界のことを知っておくこともキャッシング利用のコツともいえます。というこで、キャッシングを利用時には貸金業界について調べてみましょう。
キャッシングの種類
キャッシングの種類にはいくつもあります。しかし、種類が違っていてもお金を借りるということではどのキャッシングも同じです。ですので、利用するときは自分に合ったものを選ぶことが大切です。