期日 返済 キャッシング

期日を守る

お金を借りたら毎月返済していくことになります。返済日は5日、10日、15日、20日、25日、月末など、条件によって違ってきます。いずれの期日にしても毎月やってくる返済日を忘れないようにしなければなりません。そこで、消費者金融各社などではメールでお知らせしてくれるサービスを提供しているところもあります。期日を1日でも過ぎると延滞ということになりますので、わずか1日で延滞履歴を残すのは誰でも嫌なことです。ですので、事前に返済期日を知らせてくれるサービスがあると安心できます。または自分の手帳記入したりスマホのスケジュール機能を利用するとよいでしょう。
また、給料日前に期日がくるとお金が足りなくて返済できない、ということになりかねませんので、基本的には返済日を給料日後にするのが一般的です。それと、できるだけ早期に返済するためには期日前にまとめて返済しておくことも大切です。あるいは一括返済ができればそれに越したことはありません。金利負担を考えると返済期間をできるだけ短くするのがベストです。そのためにも借入の申込時には返済計画を立てておくとよいでしょう。

 

hensaikeikaku

関連ページ

消費者金融の確認
消費者金融もたくさんある中でどれが人気があるのか、を確認してからキャッシングを利用するようにしましょう。消費者金融の大手のほとんどが銀行傘下だったりしますので、その点も確認しましょう。
借りられるまでの時間
キャッシングの種類によって借りられるまでの時間が違ってきます。そのため、急いでいる時ほど、カードローンなどを利用したくなります。また、消費者金融では即日対応もしています。
カードの種類を知る
キャッシングする場合カードの種類がいくつかあります。それぞれメリットやデメリットがあるので、自分の希望にあったカードを選ぶと良いでしょう。キャッシングでも消費者金融ではカードがないものもあります。
代表的なもの
キャッシングと言えば頭に浮かぶ代表的なものは、消費者金融とカードローンです。一番早いのが消費者金融系なので、よく利用されています。また、カードローンは銀行系だからといって、時間がかかるわけではありません。
ローン
ローンやキャッシングを使ってお金を借りるのはごく普通のやり方です。それぞれの長所や短所を踏まえて、自分に合ったものを選ぶことが大切です。迷ったらランキングで確認しましょう。
実際の返済額
キャッシングを利用したらどれくらいの返済額になるか?を確認してから利用するようにしましょう。実際には利息が上乗せされて返済していくので、生活費を削らないような返済額にすることが大事です。